売却できる?ローンが残っている車を売る方法

[この記事のテーマ]

ローンが残っている車も売れる?

ローンが残っている車の売却方法は?

先にまとめを読む >

家族が増えたから大きい車に乗り換えたい、別の車種に乗ってみたい、引越して車に乗らなくなった、乗り換えによってローンの支払い額を削減したい。

愛車を売却するシーンは様々ありますが、その車にまだ返済中のローンがある場合は気がかりです。

残っているローンはどうなるの?

完済するまで売れないの?

これは愛車を売却する際によくある心配事のひとつですが、結論を言うと、ローンが残っている車でもほとんどの場合、売却は可能です。

以下、ローンが残っている車の売却方法についてご説明します。

photo by GotCredit

ローンが残っていても車の売却は可能

愛車にローンが残っていたとしても、ほとんどの場合において売却することが可能です。

ローンが完済する前に車を売ってしまうことは決して珍しいことではなく、一般によく行われていることです。

ただし、売却に際して確認しておきたい点が一つあります。

それは車の所有者が誰になっているかということ。

車の所有者が自分名義(車を購入した本人名義)になっていれば特に問題なく売却できますが、ディーラーや信販会社、クレジット会社などの車のローンでは、その借入の形態上、書面上の車の所有者が自分の名義になっていないことがあります。

※車の所有者は自動車検査証(車検証)で確認することができます。

他人名義の車は売却することができませんので、車の所有者の名義が自分になっていない場合は名義変更をしなければなりません。

ただし、名義変更するためには一度ローンを完済する必要があり、そのようなケースでは一般的に、中古車買取業者の多くが提供する専用のローン清算(完済)サービスを使って名義変更⇒車の売却を行います。

以下、ローンが残っている車の売却について、所有者の名義が「自分名義の場合」、「自分名義でない場合」のそれぞれについて、詳しくご説明していきます。

車の所有者が自分名義になっている場合

銀行のマイカーローンなどは基本的に、車の所有者を自分名義(車を購入した本人名義)として車の購入資金を借りることができます。

この場合、車の名義は自分ですので基本的に特別な手続きはなく、自由に売却することができます。

また、車を売却をしても必ずそのお金でローンを清算しなければならないというわけではありません。車を売って売却代金を受け取り、ローンはそのまま払い続ける形でも問題はありません。

もし車を売却したお金でローンを精算したいのであれば、車を売却した後にその売却代金を受け取り、それを使ってローンの繰り上げ返済をする流れとなります。

一般的には、車を売却したお金でローンを繰り上げ返済し、清算してしまう人が多いようです。

車を売却した以上、その車のローンを清算してしまうのは当然の流れですし、また、新たに車を購入する場合でその資金を新たな借入でまかなうならば、ローンを残してしまうと2重ローンになってしまいます。

いずれにせよ、銀行のマイカーローンなどは、車の所有者が自分名義になっているため、売却は自由に、比較的簡単に行うことが可能です。

車の所有者が自分名義ではない場合

先に述べたように、愛車の購入時にディーラーでローンを組んだ場合などは、その車の所有者がディーラーや信販会社、クレジットカード会社などの名義になっていることが多くあります。

これは特別なことではなく、一つの借入形態として自動車購入においては一般的なものです。

ただし、車の売却においては、所有者が自分名義になっていない車は売ることができません

よって前述のように、名義変更するために一度ローンを完済する必要があり、完済を行うにあたっては、中古車買取業者の多くが提供する専用のローン清算(完済)サービスを使うことが一般的となっています。

以下、まずは、ディーラーなどが取り扱うローンの仕組みをお話しした上で、中古車買取業者の精算(完済)サービスについてご説明します。

所有権留保がある車のローンの仕組み

ディーラーや信販会社、クレジットカード会社などのローンでは、ローンが完済されるまでの間は所有者が車の購入者(自分)とはならず、ディーラーや信販会社、クレジットカード会社などの借入先の名義となることが多いです。

これは万が一、車の購入者がローンのお金を返せなくなってしまったときに備えて、車を担保に取っておくためのもので、このような仕組みを所有権留保と言います。

これにより、ローンの完済までの間は、車の「所有者」がディーラーや信販会社名義、「使用者」が車の購入者(自分)名義となります。

もちろんローンを完済すれば、所有権留保は解除することができますが、自動的に所有者が自分に変わるわけではなく、所有権留保解除のための所定の手続きが必要となります。

所有権留保がある車のローン

[ローン返済中]

車の所有者:ディーラーや信販会社、クレジットカード会社などの借入先の名義
車の使用者:車の購入者(自分)

[ローン完済後]

車の所有者を車の購入者(自分)名義に変更可能
※ただし、所有権留保解除のための手続きが必要

整理すると上記のようになります。

所有権留保がある車の売却とローン精算(完済)サービス

車を売却するためには、その車の名義が自分名義である必要があります。

そのため、所有権留保があり、車の所有者がディーラーや信販会社(所有権留保という)になっている車を売るためには、まずローンを完済し、所有権留保を解除する(自分の名義にする)必要があります。

ただし、ローンを一括で完済することは簡単なことではなく、それができる人は多くはないはず。

これに対し、中古車買取業者の多くは、所有権留保がある車でも売却を可能にしローンと売却代金を清算できるように、専用のローン精算(完済)サービスを用意しています。

ローン清算(完済)サービスとは、買取業者がローンの残額を代わりに完済し、所有権留保を解除した上で、車の買取金額とローンの残額分を相殺する仕組みのこと。

これを使えば、所有者がディラーや信販会社の名義になっている場合でも、問題なく車を売却することができます。

ローン精算(完済)サービスの流れ

中古車買取業者がローンの残額を代わりに完済

所有者の名義を変更(所有権留保解除)

車を買取し、ローンの残額分と相殺

上記のように、中古車買取業者がローンの残額を立て替え完済することで、所有権留保を解除(名義を自分に変更)し、車を売却します。

また、これらに加えて、面倒な所有権移動の手続きなども一括して代行してくれる業者も多いです。

[例]

車の査定額:70万円
ローン残額:50万円

まずローン残額50万円を中古車買取業者が代わり完済

所有権留保解除

車の買取を実施し、買取額とローンとの差額の20万円を売り主に支払う

一般的に、中古車買取業者のローン精算(完済)サービスは、まず車の査定を行い、買取金額を算出し、中古車としての売買が確定した上で実施されます。

査定額がローンの残額より少ない場合

もし査定額がローンの残額より少なかった場合は、基本的にはその差額を車の売り主が払わなければなりません。

査定額がローンの残額より少なかった場合とは、具体的には下記のような場合のことです。

[例]

車の査定額:70万円
ローン残額:100万円


差額の30万円を売り主が用意しなければならない

この場合は、原則差額を一括で中古車買取業者に支払わなければなりません。

ただし、中古車買取業者の中には、この清算で発生した差額が一括で払えない場合に、専用のローンを組んで分割で支払えるようにするサービスもあります。

まとめ

この記事のテーマについてのまとめです。

ローンが残っている車も、ほとんどの場合は問題なく売却することができる

車の所有者が自分名義になっている場合
  • 所有者が自分になっているため自由に売却可能
  • 売却代金でローンを完済するかは自由だが、買い替えをする場合は2重ローンになることもあるため完済しておくことがおすすめ
車の所有者が自分名義ではない場合
  • 車の所有者がディーラーや信販会社になっているケース(所有権留保
  • 中古車買取業者のローン精算(完済)サービスを利用すれば問題なく売却が可能
  • 買取代金とローンの残額を精算した差額がプラスであれば自分に戻ってくるが、マイナスならそれを支払わなければならない
  • ただし、マイナス分を分割で支払うことが出来るサービス(専用ローン)もあり

関連記事

銀行のマイカーローンとディーラーのローン。車の名義と所有権の違い