自動車税が未払いの車は売却できない

[この記事のテーマ]

自動車税が未払いの車は売却ができない

先にまとめを読む >

愛車を中古車買取に出す際、もし自動車税が未払いだったらどうなる…?

車の売却においてよくあるこの質問ですが、本来、自動車税が未払いの車は売却することができません

自動車税を支払うと「自動車税納税証明書」が納付書の控えとして手元に残りますが、これがなければ売却した際に車の名義変更が出来ないのです。

よって車を売却する際には必ず、中古車買取業者から「自動車税納税証明書」の提出を求められることになります。

一方、自動車税は1年分を前払いするもの。このことから、車の売却時にはほとんどの場合、前払いした自動車税の未経過期間分が生じることになります。

この期間分の金額がどのように扱われるのか、以下ご説明いたします。

未経過期間分の支払済自動車税は戻ってくる

そもそも、自動車税はその年の4月1日時点で車を持っている人が、1年分を前払いする仕組みになっています。

そのため、間もなく車を売却する予定があれば、これから自動車税を払うというのは気が引けるでしょう。

ですが、心配は不要。一般に、車の売却が成立した時点で未経過期間分の自動車税額があれば、中古車買取業者から返金してもらえます。

ただし返金の方法は、現金で返すということはほぼなく、現実的には自動車税の未経過期間分のお金を査定金額にプラスする形で返金されるのが一般的です。

自動車税の未経過期間分は通常日割り計算されるため、もし査定内容に自動車税の未経過分の項目が記載されてないようであれば、査定担当者に確認する必要があります。

買取金額の中で自動車税を清算してくれる業者

通常は自動車税が未払いの車は売却することができませんが、中古車買取業者の中には例外として、自動車税が未払いでも車の買取を行う業者もあります。

そのような業者は、未払いの自動車税分を車の買取金額から差し引く形で清算してくれます。

ただし、すべての買取業者がこのような対応を行うわけではなく、また自動車税は本来的には4月1日時点での自動車のオーナーが支払うものであることから、あまりお勧めできる方法とはいえません。

また、支払い期限を過ぎると、自動車税も他の税金と同じように延滞税率が適用され、年率14.6%(延滞期間が納付期限後1ヶ月以内の場合は7.3%)が追加徴収されますので注意が必要です。

まとめ

自動車税が未払いの車は売却できない

中古車買取をしてもらう際に、買取業者から「自動車税納税証明書」求められるため、必ず支払っておかなければならない。

ただし、業者によっては買取金額の中で自動車税を清算してくれるところもある。

未経過期間分の支払済自動車税は、査定額にプラスされる形で戻ってくることが多い。

自動車税
  • その年の4月1日の時点でその車を所有しているオーナーに課税される地方税のこと。
  • 毎年5月頃になると納付書が送付され、4月1日~3月31日分の税金を一括で前払いする仕組み。

自動車税は一年分を先払いする性質になっているため、車を売却すると、車を手放した後の未経過期間分も余計に払っていることになる。

この場合は、中古車買取業者からは査定額にプラスされる形で返金されるのが一般的。

注意:自動車税の延滞税率について
  • 自動車税は納付期限である毎年5月31日を過ぎると延滞金が発生。
  • 自動車税の延滞税率は年率14.6%。(延滞期間が納付期限後1ヶ月以内の場合は7.3%)

関連記事

自動車税、自動車重量税、自賠責保険料は中古車買取時に返金・還付される?