自動車税、自動車重量税、自賠責保険料は中古車買取時に返金・還付される?

photo by eFile989

自動車税

自動車税とは?

その年の4月1日の時点でその車を所有しているオーナーに課税される地方税のこと。毎年5月頃になると納付書が送付され、4月1日~3月31日分の税金を一括で前払いする仕組みになっています。

自動車税は中古車買取時に返金される?

地方公共団体からは返金・還付されない

中古車売却の際は、買取業者から返金されるのが一般的

自動車税は一年分を先払いする性質になっているため、中古車買取を受けたときは、車を手放した後の未経過期間分も余計に払っていることになります。

この場合は、地方公共団体から未経過分が還付されることはありませんが、中古車買取業者からは返金されるのが一般的です。

ただし、返金は実費を現金で返されることはあまりなく、自動車税の未経過分を買取額にプラスする形で返金されるのが通常です。

もし査定内容に自動車税の未経過分の項目が記載されてないようであれば、査定担当者に聞いてみると良いでしょう。

なお、車を廃車にする際には、地方公共団体からの未経過分の還付があります。(軽自動車はなし)

自動車重量税

自動車重量税とは?

車検時に支払わなければならない国税。

自動車重量税は中古車買取時に返金される?

直接返金はされない

「自動車重量税の未経過分=車検の残り分=査定のプラス分」となる

自動車重量税は車検時に支払う税金であるため、自動車重量税の未経過分があるということはつまり車検が残っているということになります。

車検が残っていれば、その分中古車査定で買取価格がプラスとなりますので、実質的にそのプラス分が返金と同じ意味を持っています。

自賠責保険料

自賠責保険とは?

自動車損害賠償責任保険の略。自動車、原付に乗る全ての運転者への加入が法律で義務づけられている。

自賠責保険料は中古車買取時に返金される?

直接返金はされない

自動車重量税と同様、売却時に査定のプラス分となる

自賠責保険も自動車重量税と同様、一般に車検時に支払うです。

つまり、直接現金での返金はありませんが、「自賠責保険の保険期間が残っている=車検期間が残っている」ということになりますので、売却する際にはその分買取額がプラスとなり、返金と同じ意味を持ちます。

民間の任意保険

任意保険とは?

任意保険とは民間の損害保険会社が販売している、俗にいう「自動車保険」のこと。ほとんどの人は自賠責保険と二本立てでこれに加入します。

民間の任意保険料は中古車買取時に返金される?

返金される

ただし、完全な日割り・月割り計算ではない

任意保険は途中解約した場合は、残りの期間に応じて保険料が返還されます。

ただし、完全な日割り・月割りの計算で返金してもらえるわけではなく、少し不利な中途解約レートによって算出された金額となるのが一般的です。

リサイクル料

リサイクル料とは?

リサイクル料とは、車を廃車にする際に適正にリサイクルを行うために、新車購入時に預けておくお金(預託金)のこと。自動車リサイクル法により車を持つ人は誰もが納めなければならない料金。

リサイクル料は中古車買取時に返金される?

中古車買取業者より返還される

査定金額に含まれるのが一般的

リサイクル料は車の売却時に中古車買取業者より返還されます。別途で支払われる場合もあるようですが、通常は買取金額(査定金額)に含まれる形で支払われるのが一般的です。