銀行のマイカーローンとディーラーのローン。車の名義と所有権の違い

[この記事のテーマ]

車のローンと車の名義(所有者の名義)の関係について

⇒どこでローンを組むかによって車の名義が異なる場合がある

先にまとめを読む >

車には所有者(その車を持っている人)使用者(その車を実際に使う人)という届出があり、これらは車検証(自動車検査証)にその名前が明記されています。

通常は車を購入した人がその「所有者」となり、購入者自身やその家族など、実際にその車に乗る人が「使用者」となります。

ただし車の購入時にローンを組んだ場合はその限りではありません。

一般に、ディーラーや信販会社、クレジットカード会社などのローンを組むと、この「所有者」がディーラーや信販会社などの名義となる場合があります。

これは万が一、車の購入者がローンの返済ができなくなった場合に備えて、車の名義をディーラーや信販会社などの名義にしておくことで、車をローンの担保とするためのものです。

このような仕組みを所有権留保と言います。

一方、銀行のマイカーローンなどは一般的に、車の所有者の名義を自分名義(車を購入した本人の名義)として、車の購入資金を借りることができます。

photo by Harsha K R

車のローンと車の名義(所有者の名義)

一般的な例として、ローンを借りる先によって車の名義(所有者)は下記の通りとなることが多いです。

銀行のマイカーローン

車の所有者:車の購入者(自分)
車の使用者:実際に車に乗る人(自分や家族)

ディーラーや信販会社のローン

車の所有者:ディーラーや信販会社(所有権留保)
車の所有者:実際に車に乗る人(自分や家族)

中古車として車を売却する場合などは、車の所有者が自分名義となっていれば自由に売却できますが、自分以外の名義(ディーラーや信販会社など)となっていると売却をすることができません

この場合は、中古車買取業者の多くが提供するローン精算(完済)サービスを使って、車の買取金額と相殺する形での売却となります。

詳しい説明は以下の関連記事をご確認をどうぞ。

関連記事

売却できる?ローンが残っている車を売る方法

ローン完済後の所有権留保解除について

ディーラーのローンなどで行われる所有権留保は、万が一ローンの支払いが滞ってしまったときのために、借入期間の間、その車を自分の所有とすることで実質的に担保としている状態です。

当然のことながら、ローンを完済し終われば、所有権留保は解除することが可能です。

ただし、これには注意が必要で、所有権留保は放っておいても自動的には解除になりません。

所有権留保を解除するためには専用の手続きが必要となります。

実際の手続きは業者が代行してくれることが多い

車の所有権留保解除には、専用の手続きが必要となりますが、実際はディーラーや借入先の金融機関などの業者が代行してくれることが多いです。

具体的には、ローンが完済すると、業者から所有権留保解除の案内や書類が届く仕組みになっており、送られてきた専用の書類を記入し添付資料と合わせて送り返せば、あとの手続きは業者が処理してくれます。

この場合、書類を送ってしまえば、あとは新しい車検証が来るのを待つだけですが、もし自動車税に滞納があると手続きが滞ってしまうので注意が必要です。

実際の所有権留保解除手続きは下記のような流れとなります。

ローン完済後の所有権留保解除手続き(例)

ローンの完済

ディーラーから所有権留保解除手続きに関する書類が届く

書類を記入し、返送する
印鑑証明書、車検証の写し、自動車税の納税証明書が必要)

手続きは全てディーラー側で行う

所有権が自分になった新しい車検証が届く

所有権留保があるローンを組んでいる場合は、上記のように完済後も一手間が必要になります。

まとめ

どこでローンを組むかによって車の名義が異なる場合がある

銀行のマイカーローン
一般に、車の所有者は車の購入者(自分)となる

ディーラーや信販会社のローン
車の所有者はディーラーや信販会社(所有権留保)となることが多い

所有権留保となるローンについて
  • 完済になれば所有権留保を解除し自分名義にすることができる
  • 所有権留保解除には手続きが必要だが、たいていは業者が案内・代行してくれる
  • 所有者が自分以外の名義のままでは車の売却ができない
  • 所有権留保がある車を売却したい場合は、中古車買取業者のローン精算(完済)サービスを利用し、買取金額とローン残額を清算する

関連記事

売却できる?ローンが残っている車を売る方法